お茶のことわざ

5月2日は「緑茶の日」

投稿日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

 

5月2日は「緑茶の日」

♪夏も近づく、八十八夜~
立春から数えて88日目の今日、5月2日は「緑茶の日」です
1990年に、日本茶業中央会が制定しました。

 

「茶摘み」でうたわれている八十八夜。暦のうえではこの日を境に気候は夏、農作業の目安となる大切な日です。いよいよ本格的な茶摘みシーズンが始まります。

「八十八夜」という字は末広がりの「八」が重なっています。そのため、この日に摘んだお茶は大変縁起がよく、飲むと寿命が延びるとありがたがられている貴重なもの。実際、新葉には冬の間に蓄えた栄養がたっぷり。旨みや甘みのもとであるテアニンも多く含まれ、独特な風味が楽しめます。

お茶の葉は霜に弱いのでお茶の葉を摘むときは霜がおりない安定した気候になってからにするというのが昔からありました。

寒さが完全になくなる時期というのが一般的に八十八夜であって、昔の人はその日からお茶の葉を摘むようになりました。

新芽で一番美味しいお茶の葉がこの時に摘まれて、昔の人は八十八夜に摘まれたお茶を縁起がいいお茶として重宝していたそうです。

 

 

お茶は生命力が強い木で、葉を摘んでも新芽がどんどん出てくるため、何度も収穫できます。葉を摘む時期によって呼び方が違い、
5月末までに摘まれるお茶が1番茶、
7月末までに摘まれるお茶は2番茶、
9月10日までに摘まれるお茶が3番茶、
10月20日までに摘まれるお茶を4番茶(あるいは秋冬番茶)といいます。

また、日本茶は製造工程などの違いによって種類が分かれ、最もよく飲まれていて一般的なのは煎茶。豊かな甘みがある玉露、茶の湯でおなじみの抹茶など、私たちは「場」によってさまざまに飲み分けしています。「番茶」の由来は「番外のお茶」だからです。日本茶の主流からはずれた番外茶の略とされていますが、摘む時期が遅かった「晩茶」から転じているとか、諸説はいろいろあるようです。

-お茶のことわざ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お茶に関する言葉、ことわざ①

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ②

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ③

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ④

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ⑤

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …