お茶の種類

お茶の種類  芽茶

投稿日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

 

お茶の種類  芽茶

エキスが凝縮された力強い味わいが特徴。まだ、葉にならない小さな芽の部分が多く含まれているため養分が豊富で力強く濃厚な味わい。茶葉が開ききるまで、何煎も楽しめる。

煎茶や玉露を製造過程で選別された「出物」と呼ばれる茶葉の一種。新芽というよりも、まだ葉にならない小さな芽の部分が多く含まれる。丸い粒状の形状の理由は水分含有量が多く、やわらかいため乾燥工程で、ちぎれて丸まってしまうから。

これから成長する芽の部分であるため養分が多く味わいも濃厚。

3~4煎程度で旨味が出きってしまう煎茶と違い、茶葉が開ききるまで、幾度も楽しめるのも特徴である。ただし、熱い湯で入れたり、蒸らし時間が長すぎると、濃くなり過ぎてしまう点には注意を。

 

芽茶の美味しい入れ方

一度に何煎でも入れて楽しめる。ぬるめのお湯を使うのがポイント。

適温(65℃~70℃)まで冷ましたお湯で、30秒~90秒ほど、さっと蒸らし、湯呑に、少しずつ回し入れ、濃度や量に差が出ないように最後の1滴まで、しっかりと、注ぎきるのが、重要。

 

芽茶の歴史

煎茶が広く飲まれるようになったのと同時期に「出物」と呼ばれる芽茶、茎茶、粉茶も誕生したと考えられている。「出物」には口にするもの、すべてを無駄にしない、先人の知恵や工夫が存分に生きている。今ほどモノが溢れていない時代には「捨てる」という概念が、ほとんどなかった。もともと、農家で自家用として飲まれていたお茶が「出物」である。

 

芽茶の保存方法

煎茶、玉露などに比べるとなじみが少なく味の好みも、はっきりわかれるタイプのお茶なので来客用としては常備しておくのは、やや不向きと言えるでしょう。

高温、多湿、直射日光を避け、光をしっかりとさえぎる密封容器で保存が基本。また、どのお茶も同じだが、最後まで味を損なうことなく楽しむ為、なるべく早め(1か月前後)に、飲みきるのが原則。少量ずつ買い求め、小分けにして保存するのが、おすすめ。

-お茶の種類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お茶の種類  釜炒り茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  番茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  玄米茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  ほうじ茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  茎茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …