お茶の種類

お茶の種類  深蒸し煎茶

投稿日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

 

お茶の種類   深蒸し煎茶

煎茶の一種で、その名の通り、製造工程において、「蒸し」の時間を長く費やして作られるお茶。静岡県牧之原台地が発祥の地で、全国各地で生産されています。

通常、煎茶では約30秒の蒸し時間を、1分~3分と長く蒸すことで茶葉は、やわらかくなり、成分が抽出されやすくなる。その結果、煎茶に比べ手軽に楽しめる。

抽出時間が短くても、濃く鮮やかな黄緑色と濃厚な風味となる。また、長い蒸し時間は、渋味や苦味、青臭み、などを抑えられ、高温の湯でも、まろやかな味わいとなり、人気に、なっている。誰でも上手に美味しく入れられる茶葉である。

 

深蒸し煎茶の美味しい入れ方

入れ方は、煎茶と変わらないが、時間と湯の温度が変わります。

お湯は、そんなに冷まさず80℃で、30秒~40秒ほど、蒸らし茶葉が広がるのを、待ちます。湯呑に、少しずつ回し入れ、濃度や量に差が出ないように最後の1滴まで、しっかりと、注ぎきるのが、重要。

熱いお湯からでも美味しく入れられ、初心者でも失敗しないのが魅力。

 

深蒸し煎茶の歴史

昭和40年代、静岡県牧之原台地の茶農家が、考案した。日照時間が長く岩場も多い牧之原台地で作られる日本茶は渋味、苦味の強さが特徴とされ市場ではランクは下の扱いでした。この状況を変えるため、もっと、まろやかな味わいのお茶にできないかと、研究の末に生まれたのが深く蒸す製法でした。何気なく入れる一杯に茶農家の努力が詰まっています。

 

深蒸し煎茶の保存方法

見た目の形状や入れ方は違えど、保存方法は、煎茶と一緒。高温、多湿、直射日光を避け、光をしっかりとさえぎる密封容器で保存が基本。

茶葉が細く形が崩れやすい性質をもつ深蒸し煎茶は、粉状のものも多く混ざっているので、

いったん開封すると、散らばりやすいので、茶袋のまま、茶缶に入れて保存するのもいい。

乾燥剤も忍ばせておくと安心。

また、どのお茶も同じだが、最後まで味を損なうことなく楽しむ為、なるべく早め(1か月前後)に、飲みきるのが原則。

-お茶の種類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お茶の種類  釜炒り茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  番茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  玄米茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  ほうじ茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  茎茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …