お茶の種類

お茶の種類  抹茶

投稿日:2017年5月13日 更新日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

 

お茶の種類  抹茶

茶せんで、泡を、たてて飲む伝統的で独特なお茶。

泡立てるには、苦味、渋味を和らげ、甘味を際立たせる為。強い苦味の中に、まろやかで、やさしい甘味が魅力。

茶葉の栽培方法は、玉露とほぼ同じ。茶畑を覆い被せ直射日光を、さえぎり栽培します。茶葉を収穫後に蒸し、揉まずに乾燥させたものが「碾茶」、さらに、葉脈などを取り除いて、石臼で挽いて粉末状に仕上げたのが「抹茶」だ。

抹茶は、茶葉を丸ごと使用している分、うまみ成分が凝縮されていて強い苦味の中に、まろやかで、やさしい甘味がある。

抹茶の美味しい入れ方

茶碗にお湯を入れ、茶せんが折れるのを防ぐ為に、茶碗を温めると同時に温める。

茶碗の湯を捨て、抹茶を茶こしで、茶碗に振るい入れる(こうするとクリーミーに仕上がる)。

熱湯を注ぎ、ダマにならない様に混ぜる。(湯の温度が高いほど、きめ細かな泡が立つ)。

茶せんで混ぜる時は、始めは手首のスナップを効かせ混ぜ合わせる、細かい泡が立ってきたら、回す様にして茶せんを持ち上げ取り出す。一気に立てるのがポイント。

抹茶は、茶道のイメージが先行し、作法がわからないからと敬遠されがちだが、「薄茶」なら、さほど難しくなく、手軽に楽しめる。

抹茶の歴史

鎌倉時代(1191年)栄西が宗の国(中国)から茶の種と抹茶の作法を持ち帰り、茶の栽培や茶道をもたらした。

栄西の著作「喫茶養生記」には、二日酔いに苦しむ源実朝に薬として飲むようにすすめたという記録が残されている。

ちなみに、栄西から種をもらい受けた京都宇治の僧侶、明恵高弁が茶園を築いたのが、宇治茶の始まり。

 

抹茶の保存方法

他のお茶よりも、高温、多湿、光に弱く、デリケートで繊細な抹茶は、開封前でも、冷蔵庫に入れましょう。ただし、冷蔵庫では、他の食品の、においが移りやすく湿気も帯びやすいので、1度開けたら早めに飲みきりましょう。

抹茶を立てる際は、あらかじめ常温に戻しておいて、立てましょう。

-お茶の種類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お茶の種類  釜炒り茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  番茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  玄米茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  ほうじ茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  茎茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …