お茶の種類

お茶の種類  かぶせ茶

投稿日:2017年5月15日 更新日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

 

お茶の種類  かぶせ茶

玉露と煎茶の美味しさを、あわせもつ茶葉。玉露のような、まろやかさと、煎茶のような、スッキリした味わいを、両方、楽しめる。

 

茶葉の栽培方法は、玉露や抹茶と、ほぼ同じ。茶畑を覆い被せ直射日光を、さえぎり栽培します。覆い被せる期間は、玉露よりも1週間ほど短い。

上質な「かぶせ茶」は、玉露にも劣らぬ美味しさがあり、濃厚な甘味を楽しみたいなら、人肌に冷ましたお湯で、じっくりと、蒸らす。逆に渋味や苦味を楽しみたいなら、高温のお湯で入れるといい。

「冠茶」とも呼ばれ、三重県の伊勢茶が産地で有名。

 

かぶせ茶の美味しい入れ方

濃厚な甘味を楽しみたいなら、人肌程度(40℃~50℃)に、冷ましたお湯で、1~2分ほど、ゆっくり、じっくりと蒸らし茶葉が広がるのを、待ちます。湯呑に、少しずつ回し入れ、最後の1滴まで、しっかりと、注ぎきるのが、重要。

渋味や苦味を楽しみたいなら、70℃くらいに冷ましたお湯で、30秒~1分ほどで、素早く入れる。

 

かぶせ茶の歴史

三重県が発祥の地。日本茶生産量は、京都、静岡に次いで全国3位の生産地。

覆い被せる期間を短くする事で、生産量を増やし、玉露にも引けを取らない美味しいお茶を広める事を目的に考案されたのが始まり。江戸時代末期には、海外への輸出も盛んに行われ、玉露に比べると、比較的に手頃で安価な値段で手にできるのも魅力。

 

かぶせ茶の保存方法

玉露と同様に、高温、多湿、直射日光が当たる場所はさけて、茶袋のままではなく、空気に、触れないように、しっかりと密封できる茶缶などに移し保存。いったん開封したものは、繊細な味わいを最後まで損なうことなく楽しむ為、なるべく早め(2週間~1か月)に、飲みきるのが原則。

-お茶の種類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お茶の種類  釜炒り茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  番茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  玄米茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  ほうじ茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の種類  茎茶

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …