お茶の歴史

お茶の歴史⑤

投稿日:2017年4月10日 更新日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

お茶の歴史⑤

お茶の普及に貢献した人

最澄(伝教大使)

最澄(伝教大師)は、805年、比叡山(滋賀県大津市)の日吉大社に唐(中国)より持ち帰ったお茶の種を植える。(『日吉社神道秘密記』)僧侶や貴族の間で薬用や儀式に用いられたが、一般には普及せず、遣唐使の廃止により、次第に衰退していく。

空海(弘法大師)

空海(弘法大師)は、806年、唐(中国)より茶の種、石臼を持ち帰り、比叡山に植える。(『弘法大師年譜』)僧侶や貴族の間で薬用や儀式に用いられたが、一般には普及せず、遣唐使の廃止により、次第に衰退していく。

栄西禅師(1141~1215)

わが国の茶、中興の祖。臨済宗を宋(中国)から伝えた。抹茶系の製茶法、抹茶式のお茶のたて方を初めてわが国へもたらした。さらにわが国最初の茶専門書「喫茶養生記」を著す。
中国の茶の諸文献「茶経」をもとに茶の薬効を仏教と関連づけながら栽培から製茶・貯蔵・飲用・効能に至るまで精力的に記述している。
「喫茶養生記」では「茶は養生の仙薬なり 延命の妙術なり」と効用を力説。薬用としてお茶に甘葛を入れたり、生姜で辛味をつけていた。お茶を飲んでいると心臓や肝臓などの五臓によく、病気にもかからないと書き残している。

栄西禅師は備中(岡山県)出身で臨済宗の開祖です。幼くして仏教を学び、二七歳の時に宋へ渡り禅宗への理解を深めたといわれます。この時は五ヶ月の滞在で帰国しますが、十九年後に宋を再訪し首都臨安で学び、帰国に際し、逆風で 船が流され浙江省瑞安に上陸。これがきっかけとなりそのまま天台山万年寺や天童山景徳禅寺で学び、建久二年帰国しています。この際に、茶の種を持ち帰ったといわれ、栄西は布教とともに、茶を背振山に植えるなど茶の栽培も積極的に行っていたのです。

明恵上人(1173~1232)

鎌倉時代の高僧、栄西禅師とともに茶業中興の祖といわれる。栄西禅師からゆずりうけた茶の実を栂尾(京都山城)に植え(『栂尾明恵上人伝』)、さらに宇治、伊勢、駿河の清見、川越等各地に広め今日の茶産業を形成した。また諸天加護、父母孝養、悪魔降伏、睡眠自除などの「茶の十徳」を述べた。

この明恵上人こそ、日本で茶の普及に良く貢献した人 とされています。
栄西禅師は宋から持ち帰った種を明恵上人に贈りましたが、上人はこれを京都栂ノ尾高山寺に植えるとともに、喫茶の効能を認めて、さらに宇治に移し植えたのです。
ここからお茶の興隆、さらに今に続く宇治茶の歴史が始まります。従って、栂ノ尾は宇治茶発祥の地ともいえるのです。明恵上人が栄西禅師からもらった茶の種は3粒を、高山寺の川向の深瀬に植え、それがさらに植え替えられ、現在も高山寺境内に「日本最古の茶園」として 、石碑とともに残っています。
日本最古の茶園は、最澄が近江坂本日吉神社に植えたものとする見解もあります。

聖一国師(1202~1280)

鎌倉時代の高僧で東福寺(京都)の開山。宋(中国)から帰朝のとき、茶の実と仏書千余巻を持ち帰った。茶の実は郷里に近い駿河足窪(現静岡市葵区足久保)の地に植えたと伝えられ静岡茶の祖といわれる。(『東福寺誌』)

大応国師(1235~1308)

宋(中国)から帰朝の際、径山寺から茶台子(茶の湯で用いられる棚)以下の茶道具一式と茶に関する書物7部を持ち帰って中国の茶の方式を大徳寺(京都)に伝えた。(『本朝高僧伝』)
また、茶宴や闘茶の習俗をも日本に持ち帰ったとされている。

千利休(1522~1591)

茶道の大成者「千利休」により、抹茶を点てる茶道の基礎が作られる。「闘茶」飲み比べて、産地をあてる遊びが盛んに行われる。
この頃から茶道は日本独特の精神文化として現代に深く息づく。

永谷宗七郎(宗円)

現)京都府宇治田原町湯屋谷の蒸し製茶の創始者「永谷宗七郎(宗円)」は、てん茶が蒸し製であるのにヒントを得て、蒸して揉み乾かす精良の煎茶を創製する。湯蒸し茶であろう。
それまでは中国の製法である、茶の芽を釜で炒って乾燥させる釜炒り製法でしたが、宗円は蒸気で蒸した葉をホイロの上で揉みながら乾燥させ、色・形・香りともに優れたお茶を作りました

山本嘉兵衛(徳翁)

京都宇治の茶師、山本嘉兵衛(徳翁)が玉露の製法を考案し、好評を博する。
1835年(天保6年)に山本山の六代目として山城国久世郡小倉村の木下吉左右衛門の家で、抹茶を作る過程で蒸された葉をかき回したところ、丸く団子になったところから「玉の露」と名付け、商品化しました。

-お茶の歴史
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

お茶の歴史①

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の歴史②

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の歴史③

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の歴史④

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶の歴史⑥

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …