お茶のことわざ

お茶に関する言葉、ことわざ⑦

投稿日:2017年4月6日 更新日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

お茶に関する言葉、ことわざ⑦

茶瓶頭

銅器でできた茶瓶のように、ツルツルした坊主頭のこと。「やかん頭」「はげ頭」「きんかん頭」などとも呼ばれていました。

茶袋

製茶する前の茶の葉を入れるための紙袋。また、お茶を煎じ出すために用いる布製の袋のことです。

茶船

近世、大坂(※)に多く見られた飲食物を販売するための小舟。また、大型廻船の荷物運送用の小さい川舟のこと。「うろうろ船」とも言います。遊山用に屋形造の舟もあったと言われています。
※大坂{おおさか・おおざか}
現在の大阪。江戸時代は大坂と称していました。

茶船差し

近世、大坂(※)に多く見られた飲食物を販売するための小船「茶船」に乗る船頭さんのことを指します。
※大坂{おおさか・おおざか}
現在の大阪。江戸時代は大坂と称していました。

茶振る舞ひ

お茶だけで、食事やお酒を一切出さない、簡素なもてなしのこと。女同士が集まる場合によく行われていました。

茶弁当

茶の湯に用いる道具が納められた木箱のこと。茶碗などを入れるための「茶箱」とは別物です。近世、物見遊山や旅行に出かける際に、茶道具一式と弁当を担ぐために使った用具も、こう呼ばれました。

茶箒(ちゃぼうき)

茶の湯の席で、風炉や炉、釜の蓋(ふた)といった茶道具についたちりなどを払う際に用いる、小さな羽根ぼうきのこと。「茶掃き羽」などとも呼ばれています。

茶焙じ(ちゃほうじ)

番茶を焙じる時に使う道具のこと。柄のついた曲げ物の底部分に、紙や金網や紙が張られています。

茶坊主

室町から江戸時代における武家の職名の一つ。茶の湯の作法や茶道具の目利きから、登城した大名の案内、茶や弁当の世話までを務めました。多くは剃髪(ていはつ)・僧衣姿。転じて、権力者におもねる人を悪罵(あくば)してこう言います。

茶屋

「茶葉屋」とも言います。製茶を販売する店や家のこと。寺社の境内や街道沿いなどで、お客様に茶を出してひと休みさせた店。「芝居茶屋」「相撲茶屋」のことを略して、こう呼んだりもしていました。

茶屋小屋

江戸時代のころ、新吉原で遊女屋などに遊山客を案内することを業としていた家、または遊女などを抱えていた家のこと。「色茶屋」「遊山茶屋」「引き手茶屋」などとも呼ばれていました。

茶屋酒

料亭やお食事処などで遊興して楽しみながら飲むお酒のこと。また、遊山客が茶屋小屋で遊びつつ飲むお酒のことです。

茶屋染め

染め模様の一つ。白地に藍の濃淡を使って花鳥や山水など四季が表現されており、小袖などに使われました。寛永年間ごろに始められたと言われ、武家の上流の女性が夏の帷子(かたびら)に用いていました。

茶屋柄(ちゃやづか)を握る

茶屋小屋遊びが上手になることを指します。

茶屋辻

さらし布を藍染めし、模様を表した茶屋染めの一種です。素材は麻。鹿の子絞りを入れたり、色糸を使った刺繍が施された物など凝った加工の物もあります。

茶屋の餅も強いねば食えぬ

お茶がメインの茶屋では、すすめられなければ餅は食べにくい。そうしたことから、「商売のコツはすすめ方にある」ということを説いた言葉です。

茶屋坊主

お客様にお茶を立てて販売している店の主人。頭を丸めていたことから、「茶坊主」と呼ばれたりもしましたが、本来の「茶坊主」とはまったく別の意味です。

茶山

お茶の木を植えた山のこと。また、その山で茶摘みをすること。俳句では、春の季語として用いられ、「信楽や茶山しに行く夫婦連」などと詠まれています。

-お茶のことわざ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

5月2日は「緑茶の日」

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ①

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ②

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ③

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ④

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …