お茶のことわざ

お茶に関する言葉、ことわざ⑥

投稿日:2017年4月6日 更新日:

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向にあります。

お茶を毎日飲むだけで、びっくりするくらいの健康効果があるのです。

お茶に関する言葉、ことわざ⑥

 

茶の湯

茶道の別称。お抹茶を立ててもてなす会合や作法のこと。利休が詫茶として大成した後、大きく「表千家・裏千家・武者小路千家」という三家に分かれて現在に至ります。

茶の湯者(ゆしゃ)

茶の湯の宗匠となって、暮らしを立てている人。茶の湯の専門家、茶人のこと。また、お茶会などでふるまわれる料理を心得ている人を指すこともあります。

茶の湯は貧の真似(ひんのまね)

茶の道は「侘び」の心が基本にあるとされています。その心を理解できない者が、派手なことを嫌って貧乏の真似ごとをしているようだと例えたことわざです。

茶は是(これ)眠りを釣る釣り針

醒睡笑(せいすいしょう)という笑話集の一説にある言葉で、お茶をいただくことは、睡魔に負けないために最良の方法であることの例えです。
※醒睡笑{せいすいしょう}
江戸初期の咄本(はなしぼん)。安楽庵策伝著。元和9年(1623年)成立。戦国末期から近世にかけて語られていた笑話を全編42に分類、集大成したもの。

茶柱が立つと縁起が良い

「茶柱」とは、ほうじ茶や番茶などをいれた時、茶碗の中に立った状態で浮いている茶の茎のこと。俗説ですが、広く吉兆と言われています。他人に話さず隠しておく方が良いとの説もあります。

茶は水が詮(せん)

「詮」には、なくてはならない大事な物や肝心な物という意味合いがあります。おいしいお茶を立てるためには、良い水を選択することが大事であるという教えです。

茶腹

「茶腹も一時」という使い方が一般的です。お茶をたくさんいただいた時の腹加減のこと。お茶をいただくだけでも一時の空腹はしのげることから、わずかな物でも一時しのぎになることの例えで用います。

茶腹も一時

一杯のお茶を飲むだけでも、しばらくは空腹をしのげるものです。少しばかりの物でも、一時しのぎの助けになるということを表現した言葉です。

茶番

来客の際に、お茶の用意をしたり給仕をしたりしてもてなす役のことです。また、「茶番狂言」のことを「茶番」ということもあります。

茶番狂言

江戸時代に流行した滑稽な素人寸劇。始まりは、江戸歌舞伎の楽屋で行われた物とされています。手近な物を材料にして、仕方や手振りで演じられていました。すぐばれるような下手な芝居の例えにも使われます。

茶は屋根葺き(やねぶき)ほど飲む

屋根ふきの職人はお茶ばかりをがぶ飲みしていて、たいして仕事をしないということを表しています。他に「屋根ふきの茶飲み」などとも言われます。

茶挽き草(ちゃひきぐさ)

俳句の世界で夏の季語として用いられる茶挽き草(ちゃひきぐさ)は、「烏麦(からすむぎ)」の別名。爪の甲の部分に唾液をつけ、実をのせて息を吹くと茶臼を挽くように回ることからこの名が付けられました。

茶挽き坊主(ちゃひきぼうず)

読んで字のごとく、茶臼を使って茶葉を挽く坊主のこと。多くは盲人だったとも言われ、主人の留守中に作業をさせられていたとか。「茶挽き」「茶引坊」「茶引座頭」などいくつかの呼び方があったようです。

茶柄杓(ちゃびしゃく)

茶道具の一つ。釜から湯をくみ取る際に用いる竹製の小さなひしゃくです。「切り止め」と呼ばれる竹の持ち手の先端部分の切り口で、「炉用」「風炉用」を見分けることができます。

茶瓶

今で言う「やかん」を指します。茶葉を入れて煎じる時に用いる銅器や土瓶のこと。近世では、貴婦人が物見遊山に出かける際に茶弁当を担いで同行した男のことを指していました。

-お茶のことわざ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

5月2日は「緑茶の日」

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ①

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ②

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ③

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …

no image

お茶に関する言葉、ことわざ④

お茶の健康効果が次々に明らかになっている一方で、家庭でも、急須で丁寧にお茶をいれる習慣が減っています。お茶を飲む習慣は徐々に日本 から失われつつあります。日本での緑茶の生産量と、国内消費量も減少傾向に …